車中泊

ハスラーでウキウキ車中泊!2人OK!快適空間に必要なグッズとは?

更新日:

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りする車がある場合は、必ず一括査定サイトを使いましょう!

なぜなら・・・

ディーラーでは30万円と言われた下取りが、
買取業者では80万円という破格の値段で
売れることがあるからです!

 

一括査定サイトで
下取り価格を知ることができるのは、
国内大手下取り会社最大10社!

この10社があなたの車の買取価格を
競い合ってくれるので、
結果的に値段が吊り上っていくんです!

 

\愛車を一括査定に出してみる!/

スズキの軽クロスオーバーSUV・ハスラー。

ポップで遊び心のあるデザインと、コンパクトで使い勝手の良さで、大人気のハスラーですが、なにぶん軽自動車なので「さすがに車中泊は無理じゃない?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、

  • ハスラーで車中泊はできるのか?
  • 快適に車中泊をするために何が必要か?

をまとめています。

軽自動車といえども、ハスラーの醍醐味を味わうために是非チェックしてみてくださいね♪

 

スポンサードリンク

そもそもハスラーで車中泊はできる?

軽クロスオーバーSUVの確固たる地位を築いたハスラーですが、こんな声も聞こえてきそうです。

「アウトドアにピッタリとは言っても、しょせん軽自動車。
さすがに車中泊は無理でしょ~」と・・・。

ところがそうでもないんです!!!

コンパクトなボディーのどこに?
と思われますが、室内の広さはなかなかのもんです。


引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/detail/spec_x.html

 

室内長も216㎝と、なんと2メートル越え!
室内幅も129.5㎜と、十分な広さが確保できます。

 

ちなみに、広さに定評のあるNボックスの室内長は224㎝、室内幅は135㎝とさすがの広さです。

それでも、ハスラーはそれより長さ8㎝、幅5.5㎝小さいだけですから、見た目のわりには十分な広さが確保できているな~という印象です。

 

室内高も125㎝と、十分な高さがあるので圧迫感はありませんね。

 

グレードによって仕様が違うので注意!

次に気になるのは、ハスラーで車中泊をするためにシートがフルフラットになるかということですよね。

ここで少し注意が必要です。

 

ハスラーの標準車にはX・G・Aという3種類のグレードがあります。

これらすべてがフルフラットにできるわけではありません!

 

◆グレード別価格帯と車中泊の可否◆

①グレードA
本体価格:110~122万円
助手席側のみがフラットになるため1人での車中泊は可
運転側は完全なフラットにならない。
実質2人での車中泊は不可能。

②グレードG
本体価格:118~152万円
全面がフルフラットになるので、2人での車中泊が可能。
1人なら寝返りも余裕!

後部座席から荷台にかけてのラゲッジフロアーは、汚れをふき取りやすい素材になっていて、電源を供給するラゲッジアクセサリーソケットも装備している。

③グレードX
本体価格:146~171万円
全面がフルフラットになるので、2人での車中泊が可能。
1人なら寝返りも余裕!
ラゲッジフロアーなどは、Gと同様。

 

Aは運転席を前倒しにできないので、フルフラットにはできません。

一人での車中泊は可能ですが、最初から車中泊を想定してハスラーを購入する場合は、グレードはGかXを選んだほうが良さそうです。

 

スポンサードリンク

車中泊のための快適空間作り

ハスラーは、車中泊を行うのだけの広さがあり、フルフラットになるので車中泊をすることができます。

ただ・・・

「車中泊ができる」ことと、「車中で快適な睡眠ができる」というのは違いますよね。

軽自動車といえども、車中泊をするならできるだけ快適な睡眠環境を整えたいものです。

 

ベッドクッション

引用:http://www.suzuki-accessory.jp/hustler/index.html

車中泊にぜひあってほしいのがベッドクッションです。

座席がフルフラットになるとはいえ、凸凹がないわけではありません。
クッションがあることで、凸凹を気にせず快適に車中泊することができますね。

少し仮眠する程度であれば問題ないかと思いますが、しっかりと良い睡眠をとりたければ絶対に用意しておきたいグッズです。

 

◇純正オプション価格:1セット:39,960円(全面は×2)

純正のベッドマットはサイズも1セット片側分なので、運転席・助手席両側に使用したい場合は2セット必要になります。

また、座席を上下に動かすことのできるシートリフター装着車でないと、運転席側に装着できませんのでご注意を!
(グレードGはオプション、Xは標準装備)

 

シェード・カーテン

車中泊をするために気になるのは、外から遮断されたプライベート空間をしっかり確保できるか、ということですよね。

そのためには、シェードやカーテンが必需です。

シェードやカーテンにおいても、それぞれ用途や使い方が違いますので、必要なものを購入しましょう。

 

◆(純正)フロントプライベートシェード◆
(メッシュ付)
フロントガラス+フロント左右セット
各23,760円

引用:http://www.suzuki-accessory.jp/hustler/index.html

 

◆(純正)リヤプライベートシェード◆
(メッシュ付き)
バックドア+リヤ左右セット
各20,520円

引用:http://www.suzuki-accessory.jp/hustler/index.html

 

◆(純正)カーテン◆
バックドア+リヤ左右セット
38,340円


引用:http://www.suzuki-accessory.jp/hustler/index.html

 

スポンサードリンク

車中泊におすすめのグッズ

フルフラットにできる車、ベッドマット、シェード・カーテンで快適に車中泊をするための空間づくりはできました。

でも実際に車中泊をするとなったら、これだけでは不十分です。

というのも、もしキャンプに行くとしたら、ほかにもたくさんの荷物を持っていかなければなりませんよね。

 

そのためのオプションやグッズを紹介しますね。

 

寝具(寝袋・シュラフ)

引用:楽天市場(LOGOS(ロゴス) 丸洗い寝袋ナバホ)

掛け布団でも良いのですが、収納や持ち運びといった点から考えても、やはりキャンプ用の寝袋やシュラフが良いでしょう。
車中なので、ある程度の防寒性能があれば、それほど高性能なものでなくてもいい気はします。

とはいえ、エンジンをかけたまま車中泊することは危険なので絶対やめましょう。

季節に合わせ、必要な寝具を用意することが必要ですね。

 

荷台を拡張

◆ベースキャリア+ルーフラックアタッチメント(アルミ)◆


引用:http://www.suzuki-accessory.jp/hustler/index.html

軽自動車はコンパクトで便利な反面、積載容量が小さいのは仕方のないことです。

そこで、荷物をたくさん持って出かけたい時や、キャンプなどのアウトドアに出かけたい時には、ルーフに取り付けるキャリアがおすすめです。

車中泊の際にも、不要な荷物は積んでしまえば、すっきりをした空間を確保できますね。

 

快適&着替えスペース

◆(純正)カーテン&タープキッド◆
24,840円

引用:http://www.suzuki-accessory.jp/hustler/index.html

純正のカーテン&タープを取り付ければ、テーブルを広げて食事をしたり、ラゲッジに座ってくつろいだり、屋外を快適に過ごせますね。

ルーフをおろせば、着替えができる簡易スペースになります。

 

室内ネット

◆(純正)ラゲッジネット◆
8,640円

http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

ラゲッジネットを取り付ければ、ちょっとした荷物や着替えなどを収納することができるので、寝るスペースを広く確保できます。

これは車中泊を想定していなくても、普通に使いたいですね。
車高が高い車のメリットですね^^

 

まとめ

スズキのハスラーは、1人もしくは2人で車中泊することが可能です。

グレードA1人で車中泊できる。
グレードG・X2人で車中泊でき、1人なら寝返りができるほど余裕がある。

2014年以来、遊び心あるデザインと機能性で、多くのユーザーに支持されてきたハスラー。2017年には新しい特別仕様車が発売され現在入荷待ち・・・まだまだ人気が衰退する気配はありません。

ハスラーは、荷物を運べて街でも快適に走ることができます。
なおかつ車高が高い分、凸凹道でも快適な走行を可能にする軽クロスオーバーSUVという位置づけにあります。

となったら当然、海に山に出かけたくなりますよね。

 

しかも、軽自動車ながら2016年度予防安全性能評価最高ランク「ASV++」を獲得し、安全面でも申し分ない性能を兼ね備えています。

コンパクト経済的、なおかつ安全で・・・しかも「遊べる軽」!!!

人気が出ないわけがありませんよね^^!

 

今回紹介したグッズはほんの一部です。
工夫次第でいろんな使い方ができるのも、ハスラーの面白いところですね。

ぜひ、快適な車中泊を実現してくださいね♪

ハスラーが値引き金額から、更に30万安くなる裏ワザ!

 

ハスラーを、今すぐにでも欲しい!

そう思いながらも、いざ購入を考えると・・・

「性能がいいのはわかるけど、やっぱり高い…」
「家族に相談してもまともに取り合ってくれない…」
「できればグレードを下げたくない…」
「ディーラーで値引き交渉する自信がない…」

「そもそも軽自動車がどのくらいの金額で買えるかわからない…」
「車の知識がないから、ディーラーさんにやり込められちゃいそう!」

などなど・・・

こんな悩みや不安って尽きないですよねTT

 

あれこれ悩んでいるうちに先延ばしになって、結局諦めるしかないのか~と思っている皆さん!

あきらめるのはまだ早いですよ!

今回はそんな皆さんに、車を最大限に安く購入するオススメの裏ワザをご紹介しますね♪

 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りする車がある場合は、必ず一括査定サイトを使いましょう!

なぜなら・・・

 

ディーラーでは20万円と言われた下取りが、
買取業者では50万円という破格の値段で
売れることがあるからです!

 

一括査定サイトで
下取り価格を知ることができるのは、
国内大手下取り会社最大10社!

この10社があなたの車の買取価格を
競い合ってくれるので、
結果的に値段が吊り上っていくんです!

 

\愛車を一括査定に出してみる!/

-車中泊

Copyright© HUSTLER/ハスラー情報.net , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.